自分を出して就職面接を乗り切ろう

就職活動の学生に是非自分の会社の面接を受けてもらいその後の入社も決めてもらえるように人事部のオファーがある。

自分を出して就職面接を乗り切ろう

良い人材を獲得する為の人事部の就職合戦

景気が以前より回復傾向にあるのは確かであると思います。新卒の就職口もけっこうあり自分がやりたい仕事に就けると言う意見があるようです。就職活動には最初に自分が就職した企業を数ヶ所選んでその会社説明会に訪れたりします。説明会では企業として最大限のアピールをします。これは景気回復の影響からか優秀な人材を自分の会社に招きいれたいと言う想いがあると思います。就職口が多くなった分、学生達も様々な企業を見て選べる時代になりました。この説明会では訪れた学生達が自分の氏名、住所、連絡先を残していくのですが、此処が企業としてのオファーの開始です。良い人材獲得の為、面接を是非受けてもらいたい想いで、人事担当者が、一人ずつ連絡している企業があります。

面接をしなければその人の人格、性格、働く姿勢などは見えてきませんが、人事担当からすれば学歴しか詳しい内容がない為、とりあえず面接をしてもらえるようにしているそうです。そしてその面接でよく人材を選び合否を決めていくと思いますが、先程述べたように景気回復の時代ですから学生達も数社面接を受けて活動するものです。合格を出した就職者をどうしても自分の企業に入社してもらえるように人事担当者は小まめな連絡をして伺っています。その後の活動状況はどうなのか、とても心配すると思います。同業種なら余計ライバル意識がある為オファーは激化するものと思います。最終的に決めるのは当人でありますが、こうした人事部の努力で会社の将来が決まると思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017自分を出して就職面接を乗り切ろう.All rights reserved.