自分を出して就職面接を乗り切ろう

就職活動をしている優秀な人材では志が高い半面、希望に添えない業務につくと精神的なストレスを抱えてしまいます。

自分を出して就職面接を乗り切ろう

就職では希望に添えない部署につくこともあります

自分の志を持って就職活動をする人が増えています。企業に入ってやりたいことが明確になっている人もいますし、キャリアアップを図って転職をしようと思っている人もいます。いろいろな想いがある中でも、こういった優秀なグループには同時に欠点があります。それは就職までの過程において、仕事に対する意識が高すぎるということです。そういった仕事に対する意識が高いというのはいいのですが、高すぎると彼らが入社後に、希望していた業務と実際に割り振られた業務にギャップがあると、仕事に対する少なからず失望と、フラストレーションをためることになります。そうなるとせっかく情熱を持って入社した企業での活躍も、制限されることになるので、注意が必要です。

就職活動をする時には、もちろん仕事に対する意識を高めておくことで、企業としては採用されやすいですが、こういった入社後の自分の扱いにはこういったことがあると、自覚をしていることが大切です。どのような仕事でも自分のもい通りになることはありません。社会の厳しさを感じることで、自分のやりたい業務につくような努力をすることも、就職をしてからは大切なのです。もちろん何事も無く、自分のやりたい業務につけることもありますが、そういったストレスを抱え込まない様な、精神状態を身につけることも、社会に出てからは必要なのです。カバン持ち5年下積み10年という、昔ながらの精神論ではありませんが、そういった意識を持っていることです。

Copyright (C)2017自分を出して就職面接を乗り切ろう.All rights reserved.