自分を出して就職面接を乗り切ろう

かつての日本企業では就職の採用には、効率的な人員を求めましたが、今では本人の能力を重視した採用をしています。

自分を出して就職面接を乗り切ろう

就職では能力を重視した採用が増えています

かつての日本企業の人材採用のポイントは、なんでもそつなくこなせるタイプの人材を、新卒で本社が一括採用することが基本的にやっている企業もありました。こういう特徴を持つようになった要因には、年功序列制度を維持するためにありました。本人の能力よりも勤続年数が重要で、しかも定年まで雇用する事が前提である以上は、人材をまとめて取る方が効率的だったのです。このような昭和の時代のやり方から、変わってきたのが、就職に関する考え方になります。当時の新入社員の特徴としては、会社に入ったら上司の言うことを聞いて、なんでもやりますという気構えを持った人が多かったのですが、今の時代ではまた違った人材も増えてきました。

今では自分の意見をハッキリという新人社員もいれば、残業についても露骨に嫌がる人も増えています。もちろん企業側では、こういった新人の扱いには、重要とされるコミュニケーションが不足しているからと考えてはいますが、なかなか上手くいかないのが現実です。そういった社会環境の中でも、しっかりと企業の新人が働ける環境になるには、まずは話を聞いてあげる上司が必要になり、途中で転職などをしないように、自分本位の考え方や、新しい社会経験を植え付けると上手くいくようになります。そして本人の能力を最大限生かせるような、適材適所の人材活用をすることで、そういった新人の扱いも上手くいくようになります。大企業を中心にこういった状況に変化をつけると、やりやすくなるのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017自分を出して就職面接を乗り切ろう.All rights reserved.